臨時国会が始まり最初の所信表明演説・景気が悪いと言いってるだけじゃ、生活は良くならないよ。知らないと損することもいっぱいある。もっと政治に関心をもって、景気回復を期待しよう。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨時国会が始まり最初の所信表明演説


政権が交代し、初めての民主党鳩山首相の所信表明演説が行われたが、自民党からは多数のやじが飛び交った。

小泉進次郎氏、自民党のヤジに苦言…所信表明演説
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091027-00000049-sph-soci

小泉純一郎元首相(67)の次男、小泉進次郎衆院議員(28)は、鳩山首相の所信表明演説中、ヤジを飛ばし続けた自民党の先輩議員たちに苦言を呈した。「今の自民党がやらなくてはいけないことは民主党を批判することではなくて、民主党を検証すること。そのための臨時国会だと思います」と話した。

以前から不思議に思うが、なぜ国会ではこんなにやじが飛び交うんだろう。いい大人が相手の悪口を言い合っているようにしか聞こえない。もっと前向きな(建設的な)議論というのは、国会ではできないのだろうか。

これに対し、小泉純一郎元首相の後継者である小泉進次郎衆院議員が、苦言を呈した。言っていることは正しいと思うし、こんなことを新人に言われて、自民党幹部はどう対応するんだろうね。

ただ、東京都知事に「この髪型でいいのか」と指摘されているように、国会議員としてはやっぱり新人のようだ。今回の発言も、パフォーマンスとして言ったのかもしれない。

いずれにしても、こんなやじを飛ばしている自民党は、当分政権奪取できそうにないな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。