日本郵政の新社長に元大蔵次官を起用・景気が悪いと言いってるだけじゃ、生活は良くならないよ。知らないと損することもいっぱいある。もっと政治に関心をもって、景気回復を期待しよう。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本郵政の新社長に元大蔵次官を起用


あれだけ「脱官僚」といっていた民主党が、なぜ元大蔵次官を起用したのか。納得いく説明がない。

鳩山首相、「脱官僚」と矛盾せず=退官14年、民間も経験-日本郵政
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091021-00000184-jij-pol

鳩山由紀夫首相は21日夕、元大蔵次官の斎藤次郎氏を日本郵政社長に起用することについて、「大蔵省を辞めて14年たっている。民間でも働いていた」と述べ、民主党が掲げる「脱官僚」政治とは矛盾しないとの認識を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

どうも、鳩山首相は後ろで傍観しているようにしか見えず、各大臣が勝手気ままに動いているような気もする。とくに亀井さんの発言・行動に関しては、かなり行き過ぎているように見えるが、それでも鳩山首相は「それは違う」とは言わない。

自民党小泉首相のようにトップダウンで何もかも決めていたのもどうかとは思うが、それはそれで小泉さんの意思が明確になっていていいと思った。いったい鳩山首相は何をしたいんだろうかと思ってしまう。

それと、自民党の日銀総裁人事についてあれだけ反対をしていたのに、今回とは何が違うのかも不明瞭ではないか。

鳩山首相はどこへ向かおうとしているのだろうか、もっとリーダーシップをとるべきだとおもう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。